ノオト(2001年2月)

コメント,賛同,批判などはhiro.yanai@nifty.ne.jpまで


最新のノオトへ

2001.02.22実験至上主義

理科離れをくいとめるにはとりあえず「実験」,というのが世間の思考パターンだが,世間でいう実験では楽しさや面白さが極度に強調されている.楽しいには楽(らく)の意味もあるのだ.面白いだけじゃ科学や技術には発展しない.面白さをきっかけに根気強く思考や試行錯誤をするのが科学なのだ.面倒だけどじっくり考えてみようという(目的)意識を持つことが重要なのに,理科の分野の実験(実演)を楽しんだらそれでいいという短絡が少なくないようだ.高校生へのアンケートによれば実験が好きと答える生徒が多いこと,そしてそれが相当程度楽しさによることが,岩波「科学」2000年10月号に投稿されている.

念のために付け加えておくが,広い意味では,トランプを使って確率の問題をシミュレーションしてみることだって実験なのだ.

2001.02.16ヒューメイン・インターフェイス

はっきりした理由が分からないまま,Macではマウスを使うのが苦にならないがWindowsだとなぜか苦に感じていた.それだけが理由ではないが,それも手伝って,Windowsパソコンを使う際,僕はほとんどの操作をキーボード(ショートカット)で行なっている.

自分がMac愛用者ゆえのひいき目,あるいは単に慣れの問題かもしれないので,これまで明言しないできた.が,それが気のせいではないことがはっきり納得できた.

“J. Raskin著:The Humane Interface - New Directions for Designing Interactive Systems, Addison-Wesley, 2000”に明確に説明してあるのだ*

Macでは「ファイル」,「編集」などのメニューが画面左上の固定された位置にあり作業ウィンドウにはついていないが,Windowsではそれらのメニューが各作業ウィンドウの上部にあり,ウィンドウの移動とともに動く.Windows方式は作業ウィンドウを中心に考えれば合理的である.しかし操作のたびにウィンドウの位置を認識することは,無意識に精神的な負担になっているだろう.離れ小島のごとく存在するメニュー領域にマウスカーソル**の位置合わせをするのは集中力を要する作業である.作業ウィンドウを画面上端にぴったりそろえたとしてもこの問題は残る.なぜなら,Windowsのメニューはウィンドウ上端のタイトルバーの下にあるからである.その点Mac方式はたとえ画面を見なくてもメニューの近くまでマウスカーソルを持って行くことができる.マウスカーソルは画面上端と左端で行き止まりになるからである.

ヒューマン(human)とヒューメイン(humane)は似て非なることばである.人間に関することであればヒューマンとよべるが,ヒューメインには思いやりのあるという意味が加わる.


* 公平さを保つために付け加えておくが,著者はAppleでMacプロジェクトを立ち上げた人物である.しかしこのことと僕の今回の納得は無関係である.
** 日本語ではポインターというが,英語ではカーソルというのが普通である.しかし同時に,マウスなどの総称の英語はポインティングディバイスである.
2001.02.15情報戦略平日の早朝に放送されているCBSイブニングニュースで,水産高校実習船と米原潜の衝突事故が取り上げられていた.日本時間2月12日(火)午前8時頃にアメリカで放送されたというそのニュースでは,潜望鏡による確認の際に船が視野に入っていたはずなのだが,遠くに見える陸地の一部に見えたという率直な証言が紹介される一方で,視聴者感情を刺激しないための情報の修飾と思われる面もあった.それは,船が(通訳で)漁船と表現されていたこと,そして行方不明者が9名であることは述べられていても,あくまでも漁船の乗組員であって,その中に高校生がいることなどまったく想像できない内容であったことである.報道からニュースの本質を把握することの難しさを思い知った.
2001.02.06料理と科学

実演実験のカリスマ(と個人的に呼んでいる),サイエンスプロデューサー米村傳治郎が,家事の中にも実験のヒントを見つけるといっているのを聞いたことがある.同じ科学者として,日常の中にヒントを見つけるという意味では理解できるが,家事嫌いの僕には無条件に共感することはできなかった.

ところが,偶然に見たNHK「きょうの料理」で,料理が理論や仮説に裏付けられた科学であることを痛感した.

例えば,ジャム作りで,日持ちのいいものを作るためには,煮詰めた素材を瓶に詰めたら,冷えるまでの間瓶を逆さまにしておくといいそうだ.そういう事実を示されれば,逆さまにすることで瓶とふたの境目に素材が浸透し,密封性が高くなるからだろうと推察できる.が,それに気付くのは難しい.

別の回では,白菜の漬け物をおいしく作るコツが紹介されていた.白菜に塩をまぶしたら重しをのせるのだが,3日ほどたったら半分の重さのものに取り替えるといいという.重いままにしておくと水気がなくておいしくないが,重しをそのように取り替えると塩がよくなじむのだそうだ.これも,そうだと聞いた後では,まず重い重しによって水分がしみ出して,軽い重しに替えると塩水が白菜に浸透してきてなじむのだということが推察できる.

ここにあげた例は生活の知恵として受け継がれてきたものなのだろうが,その気になれば仮説と検証という科学的方法をあてはめることで発見できる類のものである.つまり,料理も科学の一分野だったのだ.

最新のノオトへ